2006年07月06日

北朝鮮のミサイル発射・・・

 2週間近くのご無沙汰となってしまいました。ゴメンナサイ!(で済んだら警察いらんって?)

 昨日の晩、こちらではすごい雨でした。もっともこの日は九州や近畿南部を中心に豪雨となっていたそうで、台風が近づくと予想されている週末にかけて大雨は続くと予想されているようです。「梅雨」というレヴェルを通り越してしまっているのかなあ、まったく・・・


 それはともかくとして、昨日はこの話題で持ちきりでしたね・・・「北朝鮮ミサイル発射」。

 日本、アメリカはもとより、北朝鮮に対して温和的とされている韓国・中国・ロシアまでもが批判を浴びせかけているあたり、この度の一件は尋常ではないことをいやでも感じさせられます。

 そして、昨日は計7発のミサイルが発射されたのですが、アメリカの報道メディアによれば、昨日の発射で失敗に終わったとされている「テポドン2号」の発射を再び準備している、とのこと。このメディアは、今回発射されたミサイルは5月初めに発射準備の兆候をアメリカ軍が確認している、とも報じており、このパターンの通りでいけば9月頃に再び「テポドン2号」が発射されことになるかも・・・


 なお、この北朝鮮による一連のミサイル発射行動は、日本と韓国の経済界にも暗い影を落としており、このうち日本では、本日6日の日経平均株価が取引時間中としては5日ぶりに15,300円台を割り込むなど続落傾向となり、 午前の終値でも前日と比べて239円16銭安い15,284円78銭・・・
 また韓国でも外国為替市場・株式市場とも下落傾向との情報が報道されています。


 今後の北朝鮮の動向が気になりますね・・・
posted by inobuta738 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20359150

この記事へのトラックバック

日経平均、終値は202円安
Excerpt: 株式市況7/6 日経平均、終値は202円安 北朝鮮リスクで大幅続落−東京市場 6日の東京株式市場は北朝鮮問題の 先行き不透明感が尾を引き、 日経平均株価の終値は 前日比202円54..
Weblog: 株式市況by bif
Tracked: 2006-07-06 17:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。