2006年08月24日

外出先(旅行、出張)でのPC電源の確保の話(前編)

 去る8月18日から4日間、久しぶりの旅に出ていた関係もあり、更新が止まっておりました。どうもスミマセン!!


 さて、その4日間の旅行の中で、一つ考えさせられたことがあります。それは「電源の確保」です。

 今回の旅行では当方手持ちのミニノートPCも持参し、旅先からネット接続で自らのブログ(つまりこのブログ)への投稿等を試みる考えでした。

 なお、ネット接続については、旅行先ということで、同じく持参していた携帯電話(ドコモの古い型です!)或いはCF型PHSを使ってのダイヤルアップ接続によりつないでいました。

 初めの2日間こそ何とかネット接続等で使えたものの、あっという間に持参の電池の大部分を使い果たし、後半の2日間はメモ帳に書き込む程度しか使えない有様でした。

 ちなみに今回の私の4日間の旅程は、「青春18きっぷ」を使い、”甲信越→関東→東海→北陸→九州→四国→紀伊半島”という順番で鈍行をひたすら乗り継ぐというものでした。尤も九州では人身事故によるダイヤの乱れに巻き込まれたため一部区間で特急に乗車、九州から四国へは船で渡りましたが・・・。そして一夜の宿は全て夜行快速列車で済ませました(宿代の節約のため)。


 例えば、旅(或いは出張)の宿としてホテル等の宿泊施設を利用した場合、部屋の中に空いているコンセントが大抵1カ所はあると思いますので、ノートPCに付属の電源コードも併せて持参することで電源確保の問題は解決できるのですが、今回の私の旅程のように全て列車内泊の場合、電源確保は大きな問題になってきます。

 ミニノートPCの購入の際、併せて補助用の充電池1本も購入し、標準添付の充電池と併せて出発前に充電しておき、旅に出るのが望ましいわけですが(ここまではホテル泊まりの場合も同様)、ネット接続等を行っていると、補助用充電池があっても不足してしまう事態も考えないわけにはいきません。

 そこで全て列車内泊で旅をする場合、その列車内に電源確保の手段を求める形になります。これについては、現在JRで走っている特急車両に備わっている洗面所に、大抵、カミソリなどの充電用のコンセントが備わっています・・・


 チョッと長くなりそうですので、ゴメンナサイ、この続きは次回に譲ります!
posted by inobuta738 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット活動全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
なるです(*^^)v

パソコンの電源がとれないのは辛いなぁ。
というより、電気がなくなると 生活麻痺ですぅ。

でも 全て列車内泊って すごいですね。
ちょっと ワクワクしそう(笑)

では、また遊びに伺います!応援。
Posted by なる@アフィリエイトでサクッと稼ぐ at 2006年08月25日 07:37
 なるさん、いつもありがとうございます。

 電気がなくなると生活麻痺・・・そういえば最近発生した首都圏大停電を思い出しますね。

 コンピュータ、電気無ければただの箱(というか、ゴミ!?)・・・ほんと、益々電気に頼りっきりの社会になってきましたね〜

 あと、久しぶりの4日間の旅で全て夜行列車による車内泊・・・しかも全てイス席の夜行列車でしたので(リクライニング出来るものでしたが)、足がむくみましたねぇ〜

 「青春18」を使った旅行でしたので、あと1回分残っています。9月10日までが有効期間ですので、さて何時使おうかな・・・
Posted by inobuta at 2006年08月28日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22771728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。